車検が切れる前に売る

長く愛用してきた車もいつかは手放す日が来ますが、同じ手放すのであれば少しでも高く売れるほうが良いといえます。新車に買い替える時は、下取りを利用する人も多くなっていますが、少しでも良い価格を希望するなら、買取店でも査定をしてもらうことがおすすめです。この場合も、複数社で比較すれば、より高値を付けてくれるお店を見つけることができます。車検がどれぐらい残っているかでも、値段は変わってきますが、わざわざ車検を通しても、その分の元が取れるとは限りません。手放すタイミングとしては、車検を通す必要がない、車検が残っている間に査定を受けることがおすすめです。査定の前には、車はできるだけきれいにし、車内の消臭も行っておきましょう。

純正部品やパーツを用意する

洗車をしても、車の性能や価値が変わるわけではありませんが、きれいな状態で見せることは、車を大切に使ってきたというアピールになります。車を自分好みにカスタムしている人もいますが、カスタム車は評価につながりにくいといわれています。すでにカスタムしている場合でも、純正の部品やパーツが残っていれば問題ありません。査定の際には純正装備を用意しておきましょう。どのような整備やメンテナンスをしてきたかがわかる整備手帳もあれば、さらに査定アップが期待できます。実際に車を売る際には、様々な書類も必要になりますので、用意しておくとよりスムーズです。車は古くなればなるほど、価値も下がるため、良い価格を希望するなら早めに査定に出すことを心がけましょう。