複数の店舗に足を運ぶ

譲渡や売却など自分が所有している車を手放す時の選択肢はいくつかありますが、売却を選択する場合に重要となるのが見積もりの比較です。需要の増加に伴って中古車の売買を行う業者の数は増えています。中古車の買取には明確な基準はなく、それぞれの業者の独自の判断で行われるのが特徴です。同じ走行距離、年式の車でも買取額に数万円以上の差が出るのはこれが理由になります。面倒だからという理由で1店舗だけで判断をしてしまう人も多いのが実情です。金額は関係なく売れればいいということであればそれでも問題はありません。しかし、少しでも高値で売ることを希望するのであれば、最低でも3社以上の業者から見積もりを取って比較検討するのが基本です。

見積もりのチェックポイント

業者に買取の見積もりを提示された場合に、気を付けなくてはいけないのが内訳です。前述したように、中古車の買取は各業者が設けている基準で査定が行われます。そのため、依頼する側が詳しい情報を知ることができない状況を利用して不正に安く買い叩こうとする悪質な業者も少なくありません。複数の店舗から見積もりを取って比較検討をする作業は、業者の信頼性の見極めにも繋がります。提示された金額だけでなく、内訳にもしっかりと目を通して正当に査定されていることを確かめなくてはいけません。売買契約を結んでしまうとその後不正が発覚しても対応してもらえなくなります。疑問に感じる点があったらその場で質問をして説明を聞くことが大切です。

マイカー購入時とは違い、税金や登録料などの諸費用が抑えられるのがメリットです。カーリースは基本的に頭金は不要です。